県内最多の感染者、さらに初めてのクラスターの発生か

今日県が、徳島、小松島、阿南各市在住の20~90代の男女11人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。新規感染の1日当たりの発表数としては最多。県内で感染が確認されたのは累計43人になりました。私たちのもとへも問い合わせも多くあり、不安の声が広がっています。

4日夜に発表した2人を含む感染者計13人の行動歴などを公表。このうち80~90代の女性5人は、阿南市内の同じ通所介護施設「平成デイサービスセンター羽ノ浦」を利用していたということ。このデイサービスのいずれも30代の女性職員2人も感染しており、県はクラスター(感染者集団)が発生した疑いが強いとみている。
デイサービスを利用していた5人のうち、80代女性1人は徳島市内の老人ホーム「ケアハウスエルベ」に入所しており、この施設では他に80代女性1人の感染も確認されたとのこと。このほか、デイサービスを利用していた90代女性1人が小松島市内の「江藤病院」に入院中に感染が分かり、病院のH・Pでも公表されていました。
定例の会議で、県への緊急申し入れを明後日することになりました。