IMG_1008

全県議員会議が

今朝は、朝早くから全県議員会議の準備にかかり、その後多彩な報告と討議で、全県議員会議が終了しました。
目前に迫った藍住町議選に挑む林茂町議が、決意表明と支援の訴え。
そして先の党大会の報告を、上村県委員長が報告、大会の熱気が感動をもって受け止めることができました。
大会に参加した中野阿波市議も笑いあり、感動ありの感想を語りました。
達田県議と私から防災対策・地位協定問題や「地方創生」や地域公共交通などを報告。各議員からも議会の様子や2・3月議会に向けても課題が語られました。
県医労連書記長の井上さんが、徳島病院の存続を求める運動を通して「地域医療を守るたたかい」の特別報告。短い時間でしたがわかりやすく報告され、とてもよかったです。
私は県の自治体部長として、この1月が、「大運動」の総仕上げの月であるとともに、100周年をめざす目標達成への最初の関門、全県の議員がスタートを切り、住民主人公の立場で、予算議会に臨もうと締めくくりました。

IMG_1008 2020.1.27.全県議員会議・板野町 (6) 2020.1.27.全県議員会議・板野町 (5) 2020.1.27.全県議員会議・板野町 (4)

党創立100周年に向けてスタート

 第28回党大会では、1月末まで「党勢拡大大運動」の目標総達成に全力をつくすとともに、2月以降も前進の流れを絶対に中断させることなく、党創立100周年をめざす党建設の目標にむけて党勢拡大運動を発展させることをよびかけました。
そのスタートの月、とことん共産党「隠れ共産党宣言から入党宣言へ」のDVDを見てのつどい、昨日も名東の皆さんと、話は大いに弾んだものの「考えとくよ」と・・・
今日は加茂名の皆さんとDVDを見て、「ぜひ入党を」と呼びかけました。「何もできないけど」とペンをもって入党のサインを書いてくれました。
長年後援会員さんで協力してくれた方ですが、支部の皆さんや私もがっちり握手!!
おとといは国府の支部員と2人の日曜版読者が生まれ、100周年に向けてのスタートが各地域で始まっています。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、テキスト
83906456_1323971044452964_3552203064943312896_n

新ホール早期実現に向けた署名行動のスタート集会が

  徳島市の新ホール建設に向けて、飯泉知事あてに「徳島市が進める新ホール整備計画を予定通り実現するために、徳島県知事の建設予定地使用許可を求める署名」に取り組むスタート集会があり、私も参加しました。
「県都にふさわしいホールの実現を求める会」の代表あいさつに続き、ギーター演奏とても気持ちのいい音色でした。拍手です。
新ホールを取り巻く状況の報告に続き、フロアからの発言があり、「県議会の状況を」との質問があり、私から11月県議会での県民・市民の声を無視した新ホール決議の強行の経過などを報告。
「住民が主人公だ。県や市やというのでなく、市民・県民が望む1000席以上のホールを早く作るため、署名にとりくみましょう」との発言が印象に残ります。会場いっぱい関心の高さを示す集会でした。

夜には、2020年徳島建労西支部の新春旗開きが行われ、見田、船越両徳島市議と共に参加しました。

 支部長さんや本部あいさつに続き、3人の議員を代表してあいさつ。
 やはり西支部は、県下でも大きな支部のひとつでパワーもあり、熱気を感じます。
 「山田さん、野党がまとまらんと安倍の政治が終わらん。がんばってよ」との意見もいただきました。
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)
83906456_1323971044452964_3552203064943312896_n

おはよう宣伝・調査・読者拡大に

 徳島駅前でのおはよう宣伝、上村前県議と共に訴えました。今朝は、消費税廃止各界連絡会の宣伝もありました。
国会での志位委員長の代表質問、気候危機問題、吉野川住民投票20年などを述べました。

その後用務で控室へ、そして調査活動の合間に、短時間でしたが国府地域の支部員と読者拡大に、党大会の様子をお話しする中で、応えてくださる方が2人いて、留守宅が多い中でしたが、貴重な対話が弾みました。

昨夜地元で自宅火災がありました。心からお見舞い申しあげます。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外
IMG_0962

吉野川の第十堰の改築計画を巡る全国初の住民投票から20年

 吉野川の第十堰の改築計画を巡る全国初の住民投票が行われてちょうど今日1月23日でまる20年。
2000年(平成12年)1月23日、吉野川の第十堰の改築の是非を問う全国初の住民投票が徳島県で行われ、投票した住民の90%以上が反対したことから国は計画を白紙に戻しました。
この住民投票から20年となる今日、住民投票を呼びかけたメンバーなどで、1月23日を意味する「123」と書かれたプラカードを掲げて住民投票の大切さを訴えました。私も短時間でしたが、県庁前のかちどき橋でスタンディングしました。
併せて去年2月に沖縄県で行われた普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票の際、現地で支援活動を行っていて、徳島と沖縄の2つの地域から民主主義を考える来月1日と2日のイベントのプラカードも掲げられました。

プラスター宣伝を終え、控室に直行。ちょっと一服し、すぐに17時半からの県庁前での「とくしま記念オケ疑惑解明を求める」宣伝行動に出ました。
2週間前は、陽がとっぷり暮れていましたが、今日は陽射しが残り、眉山に霞がかかっていました。
12億円を超える巨費を使ったとくしま記念オケ事業の不公平、飯泉知事と旧知の間柄にあった川岸美奈子氏を優遇する不公正、全く説明責任を果たさない不透明、昨年の知事選でも7割近くの人が知事は説明責任を果たしていないと。
真相を明らかにする会の人たちは、徳島版モリカケ疑惑の徹底究明に向け取り組んでいます。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、小倉 正行さんを含む、立ってる(複数の人)、帽子、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:3人、宮城 義弘さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:3人、山田 節子さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外
IMG_0962 IMG_0964
山田豊だより2020 01 26 NO106

「こんにちは山田豊です」が完成

 1月26日付の「こんにちは山田豊です」が完成しました。

先日原発ゼロ徳島連絡会での環境ジャーナリスト佐藤由美さんの講演とても素晴らしい報告でした。その内容の一部と感想をまとめました。気候危機は待ったなしの課題です。
また阪神淡路大震災から25年今年も神戸の諏訪山公園ビーナスブリッジでの早朝追悼のつどいの参加した思いも書きました。

今日は定例の会議、世界の変化 日本の変革 展望豊かに語り合った第28回党大会を学び、感想を出し合い、語りました。

山田豊だより2020 01 26 NO106

冷たい風が吹きつける中でのおはよう宣伝

 今朝は、冷たい風が吹きつける中でのおはよう宣伝でした。
節ちゃんは、昨日から始まった通常国会のことを述べ、私も党大会、通常国会の報告そして地球加熱化・気候危機問題などを訴えました。わたなべ市議は、ホール問題など市政報告を訴えました。

その後用務や今週号のニュースの準備にかかりました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、まつざき 真琴さんを含む、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、小倉 正行さん、山田 節子さんなど、立ってる(複数の人)、屋外
県議団ニュース2020年1月omote

2020年最初の日本共産党徳島県議団ニュース完成

 2020年最初の日本共産党徳島県議団ニュースを作成、すでに配布中です。ご覧ください。
「徳島市の郵便局に勤務する契約社員の女性がセクハラやパワハラを受けたとして、日本郵便と当時の同僚らを相手取って損害賠償を求めていた裁判で、徳島地方裁判所は当時の同僚の男性2人に対し、合わせて40万円の支払いを命じる判決」との報道を聞きました。拍手です。

 県議団ニュース2020年1月omote 県議団ニュース2020年1月
IMG_0711

生活と健康を守る会の第34回新春のつどいに

 生活と健康を守る会の第34回新春のつどいに参加しました。史上最高の100人の参加とのことで、会場大盛り上がりでした。
井出県会長の開会あいさつに続き、党県議団・市議団を代表して私が連帯のあいさつ、生健会の日頃の協力・共闘に感謝を述べ、立憲主義の回復・格差の是正・多様性の尊重など市民と野党の共闘を強め、野党連合政権の道を切り開きましょうとあいさつしました。
中野徳島市会長の乾杯の音頭のあと手づくりの料理が、盛りだくさん美味しく見事ですが、おなかも満腹になりました。
本当に小だぬきのような幼児も奏でる太鼓演奏、南京玉すだれの演技、オカリナ演奏、マジックに、お笑いご長寿クイズ守る会バージョンなどなど笑い・見入り、聞き入り、会話も弾み楽しい企画を堪能しました。
その後開帳徳島民商での会合に出ました。

IMG_0711

画像に含まれている可能性があるもの:4人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、靴
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:3人、オンステージ(複数の人)、室内
IMG_0542

「パリ協定が始まった!-地球温暖化は議論から行動へー」時宜を得た講演会

「原発ゼロ徳島連絡会」の講演会と第10回総会が開かれました。
「パリ協定が始まった!-地球温暖化は議論から行動へー」と題して環境ジャーナリスト佐藤由美氏の講演、圧巻でした。
2009年から毎年COPに参加され、その体験を通して世界と日本そして徳島の動きをわかりやすく伝えてくれました。参加者からも多様な質問も出され、私自身も目からうろこの内容で、改めて学びます。
加速化するCOP25の潮流、本県の取り組みにも注目と関心が集まっています。
講演会後第10回総会、服部敏彦代表が、「四国電力伊方原発3号機の安全性に問題があるとして、山口県の住民3人が運転差し止めを求めた仮処分の即時抗告審で、広島高裁が昨日、運転を差し止める決定」などの開会あいさつと基調報告、拍手です。
昨年度の取り組みや今年度の行動計画・役員を確認し、ここでも活発な意見交換、貴重な講演会と総会になりました。

その後夜には、徳島建労北支部の2020年新春旗開き、支部長さんのあいさつ、本部あいさつに続いて私も来賓のあいさつ、昨年の2つの選挙、桜を見る会やカジノ疑惑、消費税10%増税への怒りが広がっていることを報告、今日終了した党大会での市民と野党の共闘の深化を紹介し、がけっぷちの安倍政権を倒し、希望ある政治、野党連合政権の道を開きましょうと訴えました。
見田市議もあいさつ、その後北支部の参加者の皆さんと懇談しました。

IMG_0542 IMG_0680 IMG_0689 IMG_0693 IMG_0703