今年最後の地元おはよう宣伝、自衛隊機の騒音対策・園瀬川の河川改修の要望に

 クリスマスイヴの今朝 今年最後の地元でのおはよう宣伝を5人で取り組みました。今年を振りかえって、憲法発議をやめさせたこと、桜を見る会の追及など市民と野党の共闘で安倍政権を追い込みました。2020年は野党連合政権を目指して全力を尽くします。
また徳島市政や県政での新ホールなどをめぐる問題も報告し、県民市民の願いを反映させる取り組みを前進させる決意を訴えました。
すぐに県議控室に直行です。達田県議と合流し、徳島空港周辺の県営住宅の方と共に、自衛隊訓練機などの騒音問題で、松茂にある海上自衛隊徳島教育航空群 と陸上自衛隊の方に改善の申し入れをしました。

午後には地元で、園瀬川の河川掘削などの工事について、地元町内会の役員さんと共に、東部県土整備局の担当から説明を受けました。

この間の台風での豪雨による河川の氾濫なども話題になり、今の工事に続き、早急な抜本対策を求めました。

画像に含まれている可能性があるもの:吉井 芳子さん、小倉 正行さん、山田 節子さん、立ってる(複数の人)、屋外