県土整備委員会が

県土整備委員会でした。「事業の無期限停止」など、新ホールを巡る県などの動きは、明らかに越権行為だと発言しました。県民の多くも県の態度に批判が出ています。

今日は、自民会派などから盛んに市の理由書の批判が出ましたが、もちろん批判はあっても節度と慎重さがいるのではと感じました。

あと、JR四国の現状と課題や河川監視カメラや洪水ハザードマップなど豪雨災害のソフト対策の強化も取り上げました。