IMG_8132

防災の日の今朝、県総合防災訓練に

9月1日、防災の日の今朝、阿南市の「小勝緑地」で、徳島県総合防災訓練があり、私は徳島県議会と記された防災服で、達田県議と共に参加しました。
緊急地震速報対応訓練から始まり、関係各機関の防災訓練が次々展開されました。南海トラフ巨大地震により、大規模停電=「ブラックアウト」が発生したことを想定した訓練なども行われました。

災害多発列島日本、相次ぐ災害の教訓を生かさねばとの思いで各訓練に見入りました。
達田県議と震度7の起震車に乗りましたが、これはすさまじい、いままでで最高の揺れと感じました。

豪雨、台風、地震、津波などにたびたび見舞われる日本ではあらゆる災害に備え、住民の命と暮らしを守るために政治の果たす役割がいよいよ重要になっています。災害に備え、被害を抑え、住民の安全と安心を保障することは、災害多発国である日本の政治の責任、徳島では県政の責任が重大です。

防災を無視した大規模開発をやめ、必要な防災施設の整備などで、災害に強いまちづくりをすすめるべきです。災害から命と暮らしを守る政治の実現は、県政の中心課題の一つです。

IMG_8132 IMG_8107 IMG_8092 IMG_8063 IMG_8141 IMG_8147 IMG_8149