IMG_1070

地元上八万の敬老会に

 今日は地元上八万地区の敬老会に参加させていただきました。77歳以上の該当者の内、71人の方が参加され、笑顔がとても印象に残りました。
 私も来賓の一人としてあいさつ、先日の「県民敬老のつどい」に参加した際に、驚いたこと2つを紹介しました。
 一つは、我が国の平均寿命のこと、女性が87・26歳、男性が81・09歳と、引き続き過去最高を更新しています。戦後間もなくの1947年(昭和22年)には男性50歳、女性54歳でしたと紹介すると、驚きの声も上がりました。
 医療技術や皆保険制度の進歩充実もありますが、憲法9条のもと「戦争する国」に進むことを許さなかったことも重要、「二度と繰り返させてはダメ」この間たびたび聞きましたが、日本の将来を憂える”人生の先輩”の思いをしっかり受け止めねばと思いますとも述べました。
 もう一つが、県内の100歳以上高齢者の人数です、県長寿生きがい課に伺うと、県内の100歳以上高齢者調査で今年9月1日時点で、男性57人、女性495人となっているとのことでした。戦後間もなくの1947年(昭和22年)では県内に3人しかいませんでしたと紹介するとここでも驚きの声が出ました。
 昨日の全国保険医団体連合会事務局の曽根さんの話しもおり込みながら、年金は削られ、医療・介護の負担は増えるなど不安は広がりますが、平和で安心の暮らしが保障される社会をつくりましょうと・・・
「敬老の日」を決めた52年前、高齢者に感謝するとともに、「老後の精神的安定」を願う日と、政府が説明しました。命や暮らしを大切にされてこそ「精神的安定」が図れます。そんな社会にするために力を尽くします。本日はおめでとうございます。
式が終了後90歳のお祝いを受けた方手前のお二人などと共に写真を撮らせていただきました。
IMG_1070 IMG_1051