2018.9.13.県庁前大宣伝 (41)

記念オケ疑惑「知事は説明責任を果たせ」と雨の中アピール

記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会の皆さんが、今朝一番に、議長と各会派へ『真相解明を求める要望書』を提出しました。
私達党県議団も、その要望書を受け取りました。代表のみなさんから「ぜひ議会が役割を発揮し、真相の解明を」と強く要請されました。しっかり受け止め、今議会でも様々な制約はありますが全力で取り組みます。

夕方5時半、とくしま記念オケ疑惑の真相を明らかにする会の宣伝行動が始まりました。あいにく雨が降っていましたが、30人が元気に集い、スタンディングとリレートークでアピールしました。
明らかにする会の会員が、県下24市町村すべてに・・・・素晴らしい広がりです。
その会が実施したアンケートでは、「元社長への厚遇が過ぎる」96・8%、つまり記念オケ疑惑の中心人物であるアンサンブルセシリア元代表の川岸美奈子氏への、県民の税金による厚遇が、県民から厳しい目で見られていることが明らかになりました。
さらにそれを上回る97.4%が「知事が説明責任を果たしていない」という結果報告、県民の怒りの声が広がっています。
マスコミでも、記念オケ事業は「飯泉県政15年の中で、公費の使途が最も不透明で、不可解とされる事業」と指摘されています。アンケートにも示されているように「知事は説明責任を果たせ」これが多くの県民の声です。
しかし今日開会された県議会では、知事の所信表明に記念オケへの言及は、全くありませんでした。幕引きを何として図りたい知事とオール与党の議員vs真相解明を求める多くの県民と真相解明を求める議員、構図がはっきりしてきました。世論と運動で徳島版モリ・カケ問題の真相を明らかにさせましょう。

2018.9.13.県庁前大宣伝 (41) 41772090_964361650413907_7706011712389906432_o 41669987_964361750413897_5418571298009776128_o