6月定例会正式スタート。明日は4常任委員会の事前委員会が

今日の議会運営委員会で、徳島県議会6月定例会の日程が正式に決まりました。この議会では、経済雇用対策の推進、安全・安心対策、大胆素敵とくしま実現の三本柱で、予算額およそ6億円の補正予算などが提案されました。

昨年11月定例会の私の一般質問で「飯泉知事就任以来、本県の文化拠点である文化の森は、図書館、博物館、美術館、どれも予算が大幅に削減されてきました。県立図書館は、文化の森に移設された当時は中四国でトップレベルの蔵書数を持っていましたが、今では資料購入費は最低レベル。美術館の展示事業費も全国的に調査しました。全国最下位レベル。また、全国調査した博物館に至っては、徳島県の博物館は、二十七年間、常設展示が全く更新されない、全国でも例を見ない異常な状況です。 新未来「創造」とくしま行動計画では、とくしま記念オケではなく、文化の森を重点項目に掲げています。知事自身が策定した行動計画からも逸脱しているんではありませんか」と、とくしま記念オケ事業に偏重してきた問題を追及してきました。

その後他会派の議員や県民からの批判も受け、今回の補正予算案の中で、「博物館は1990年11月に開館、再来年にオープン30年をむかえる県立博物館の新常設展設計事業費6200万円」も盛り込まれました。

6月定例会には、わが会派から上村県議が、6月22日の3番手、13時半ころから質問に立ちます。不公平・不公正・不透明なとくしま記念オケ疑惑の解明を軸に質問を練り上げています。ぜひ傍聴ください。

明日は4常任委員会での事前委員会、私も久々の県土整備委員会に臨むため、目をこすりながら準備にあたっています。

6月定例会の日程

6月11日(月)議会運営委員会、会長・幹事長会

6月12日(火)事前委員会(総務、経済、文教厚生、県土整備)

6月13日(水)事前委員会(地方創生対策、次世代人材育成・少子高齢化対策)

6月15日(金)事前委員会(防災対策、環境対策)

6月18日(月)本会議(開会)

6月21日(木)本会議(代表質問:嘉見博之、木南征美、黒﨑章)

6月22日(金)本会議(一般質問:喜多宏思、須見一仁、上村恭子、岩佐義弘)

6月25日(月)付託委員会(総務、経済)

6月26日(火)付託委員会(総務、経済)

6月27日(水)付託委員会(文教厚生、県土整備)

6月28日(木)付託委員会(文教厚生、県土整備)

6月29日(金)付託委員会(地方創生対策、次世代人材育成・少子高齢化対策)

7月 2日(月)付託委員会(防災対策、環境対策)

7月 4日(水)議会運営委員会

7月 5日(木)本会議(閉会)