b1087e4046e693b8b0875692883178a2

オリックスの県内最大の風力発電計画 批判や懸念の声が・・

オリックスグループが、徳島県の美馬市、神山、那賀両町の境付近、剣山東部の天神丸から、高城山、土須峠にかけての稜線の総区域面積2990haのエリアに主塔116.5m、ローター径110mの巨大な風車42基を設置する計画が明らかになり、自然災害の懸念や希少種の生育など貴重な生態系を破壊する恐れなど県民から批判、懸念の声が上がっています。
今日我々県議団3人で、県の環境部局の担当者からこの計画の概要について伺いました。
現在オリックスが、環境影響評価法に基づき「計画段階環境配慮書」を経済産業省や県と3市町に送付をしました。
県は県環境評価審査会の意見や関係市町の意見をまとめ5月28日までに知事意見をオリックスに送るとのことでした。審査会の意見でも自然災害等の懸念が出されたとのことですが当然ではないでしょうか。
達田県議は、「那賀町の旧木沢村が第二のふるさとなので、この地が、守るべき自然のあまりに貴重な場所ではないかと直感しています」とのべ、4月末にも計画地を訪れたとのことでした。すでに様々な皆さんが「オリックスの風力発電計画」建設中止を求める署名も取り組まれています。私たち県議団も取り組みを強めることを確認しました。

b1087e4046e693b8b0875692883178a2