IMG_7378

とくしま記念オケ疑惑発覚からちょうど1年

とくしま記念オケ疑惑発覚からちょうど1年の今日、とくしま記念オケ疑惑の真相を明らかにする会が、報告学習会を開きました。

 代表委員の井上さんが、開会あいさつで明日6月1日でベートーベンの「第九」が、鳴門の板東俘虜収容所のドイツ兵捕虜によってアジア初演されてから100年になり、鳴門市では6月2日、3日に「第九」交響曲演奏会が開かれと紹介しました。
 徳島新聞の「第九 永遠(とわ)なり」との記事を読むにつけ、飯泉知事がこの鳴門の第九をうたう会と徳島交響楽団の37年におよぶ努力を無視して、巨費を投じて2月12日に、「徳島記念オーケストラ」を使い、ドイツから100人もの高校生を招いて演奏会を開いたことへの違和感を述べ、そのとくしま記念オケ疑惑はいまだ全容解明が進まず、知事は真相を語るべきだと指摘しました。
 そして上村県議、達田県議、私からこの1年のとくしま記念オケ疑惑、突出した事業費という不公平、知事と旧知の仲といわれた川岸氏への特別待遇という不公正、県が説明責任を果たさない不透明が依然解明されず、ますます疑惑が深まっていることを述べ、今後の課題なども報告しました。
 徳島版モリ・カケ問題解明に向け、知事の責任は極めて重大です。県民世論を広げるためこのとくしま記念オケ疑惑の真相を明らかにする会への参加をさらによびかけましょうとの訴えで終わりました。

IMG_7378 IMG_7379 IMG_7382 IMG_7385 IMG_7386

20180603こんにちは山田豊ですNO

志位委員長の党首討論すごいです!!

今朝は県委員会事務所の宿直明け、梅雨にふさわしく雨が降り続きました。
改ざん、隠蔽、破棄、虚偽答弁など安倍政権NOを事実に基づきキッパリ指摘、あわせて紙面の中身を見ていただけると、たとえ政治的な立場が違う人にでも、展望や打開策をしめすことのできる情報として、大いに役に立つと思いますと話しながらしんぶん赤旗のご購読のお願いに回りました。
そのしんぶん赤旗や日曜版などにおり込んで届ける私の活動ニュースが完成しました。ぜひご覧ください。
志位委員長の党首討論を見ました。とても短い時間でしたが「森友・加計、国民と国会を欺く五つの重大な事実」を指摘し、首相の答弁は「答えになっていない」ときっぱり批判、「あなたを守るために改ざん、隠蔽、破棄、虚偽答弁など悪質きわまる行為が行われた。あなたのうその答弁につじつまを合わせるためだった。総理夫妻の関与はいまや明らかだ。責任をとって総理の職を辞することを強く求める」と多くの国民の思いを代弁する質問でした。6分でこんな質問、すごいです。

20180603こんにちは山田豊ですNO

33771171_788129284725700_4525084591383379968_o

就学援助制度の改善求め県教委担当者と懇談!

今朝の地元上八万での「おはよう宣伝」が終わりました。昨年より23日も早い梅雨入りですが、曇っていますが雨は降っていません。
節ちゃんが司会、梯和夫さんがスタンディング3人での宣伝です。
ホットな昨日の衆参両院予算委員会の集中審議での小池書記局長や宮本岳志議員の質問報告、「働き方」法案強行採決は許されないなどの国政報告、徳島版森友・加計問題といわれるとくしま記念オケ疑惑解明やオリックスの巨大風力発電建設中止などを訴えました。散歩中の近所の方が遠くからずっと聞いていただき、小池さんが来る演説会の案内をすると党への激励もいただきました。

県庁では、「義務教育の無償をめざす教育大集会」実行委員会のみなさんが来庁し、就学援助制度の改善について、県教育委員会の担当者に申し入れと懇談を行いました。
実行委員会は、県下すべての市町村の就学援助制度拡充を求め、特に以下の6点について、市町村で実施されるよう、県の指導性を発揮してほしいと要望しました。
① 小、中学校の入学準備金の入学前(3月)支給の実施
② 就学援助の支給項目に、クラブ活動費・生徒会費・PTA会費を加える
③ 修学旅行費の実費支給(上限は設けない)と、旅費納入期日前の支給
④ 就学援助認定基準は、文科省通知通り、生活保護基準引き下げ以前の水準とすること
⑤ 申請書提出先は学校に限定せず、教育委員会でも受け付けるよう改善を
⑥ 就学援助費の支給方法について、希望により、校長委任でなく、口座振り込み等の直接支給を認めてほしい

 入学準備金の入学前支給についは、県が2月に市町村に状況を確認したときには、小学校では3自治体、中学校では10自治体が来年度からの実施(2019年3月末支給)を予定、10自治体が検討中とのことだったとのことでした。
懇談のなかで、PTA会費のなかには、本来公費で出すべきものも含まれていて、それがPTA会費が高くなる要因となっている、また、PTA会費、クラブ活動費や修学旅行費の支給を行っている自治体が他県に比べ大変少ない等の問題も出されました。
また、就学援助基準については、生活保護費引き下げの影響が出ないよう、引き下げ以前の基準で認定するように文科省が3度も通知を出しているにもかかわらず、県下の多くの自治体で引き下げに連動する認定状況であることが、文科省の統計資料からも明らかになっているという指摘もありました。
会では、クラブ活動費や修学旅行費、PTA会費などを就学援助費に含めること、
就学援助支給の認定基準は、文科省の通知通り、生活保護基準引き下げ前の基準にするよう、県としても独自に市町村に通知するなど、指導性を発揮してほしいと要望しました。
私たち県議団も、子どもたちを貧困から守る取り組みの一環として、就学援助制度の改善と拡充を求めてきましたが、今日の懇談は、同席した私たち県議団にとっても大変有意義な場となりました。

夜には地元上八万まちづくり協議会の運営委員会が開かれました。

33771171_788129284725700_4525084591383379968_o IMG_7373 IMG_7369 IMG_7363

週明けの県議団会議が!!

気象台が今日、「四国が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。平年より8日、去年より23日、早くなっているとのことです。

今朝はしんぶん赤旗の早朝配達でスタートしました。

週初めは、県議団会議です。今日も全員が集まり、6月議会の上村県議の一般質問について協議しました。

とくしま記念オケ疑惑をはじめ、様々な県政課題をテーマに出しましたが、上村さんを軸に調査を重ねさらに絞り込み、練りあげねばなりません。

今夜は、「こんにちは山田豊です」という活動ニュースの作成準備にかかっています。

IMG_7297

徳島市内の原水爆禁止国民平和大行進その後名東地域で「お茶de座談会」

今朝は、徳島市内の原水爆禁止国民平和大行進、3コースに分かれ、私は蔵本公園出発の西コースで70人の皆さんとともに行進しました。汗をかきましたが、気持ちよく歩きました。
3コースが合流した藍場浜公園での終結集会で、見田徳島市議(船越市議も行進)、上村県議と共に私があいさつ、今年の平和行進は、60年目のメモリアル行進です。1958年にたった1人から歩き始めた行進が、毎年たゆまなく続けられ、拡がり、昨年7月7日にはついに国連での核兵器禁止条約の採択に結びつきました。
核兵器禁止条約はスタート、ゴールは「核兵器のない世界」、核兵器の完全廃絶です。
北朝鮮情勢では、これまでの交渉によって米朝間でも、非核化と平和体制構築を一体的、段階的に進めるという大枠は共有していると思います。
相互不信を乗り越え、米朝首脳会談を実現し、成功させる、対話による平和的解決が成功すれば、世界史的な転換点となります。日本でも憲法9条を持ち、唯一の被爆国として核兵器禁止条約に参加するまともな政府を実現しましょうと訴えました。

平和行進終了後、昼食を取り、名東地域で「お茶de座談会」に出かけました。
100円の会費で、おいしい冷えたジャスミン茶、その後温かいフレーバティーおやつをつまみながら政治談議、全員が気軽に発言できるのもここのつどいの特徴です。支部長さんの気配りと軽妙な司会も抜群です。
私も歩いた疲れが癒されました。先月のつどいでは、記念オケ疑惑をたっぷり語りましたが、今回は加計・森友、日大アメフト、働き方改革、オリックスの風力発電など次々話しが広がりました。
居住地の藤原記者が、「日本共産党クイズ」をつくり、天皇制、党名、中国共産党と日本共産党などをクイズで語り、みんなで話す、創意的な取り組みで盛り上がりました。

IMG_7297 IMG_7312 IMG_7337 IMG_7329 IMG_7342 IMG_7351 IMG_7354

33522854_870153163168090_8707442126964654080_n

自然を破壊する自然エネルギーの推進・導入は本末転倒!!

今日も支持者の方から党県委員会の新宣伝カー購入の募金が寄せられました。ありがとうございました。この宣伝カーを一日も早く完成させ、世界も、日本も、徳島も激動真っただ中、日本共産党の姿を訴えていきます。

金融・サービス大手のオリックスグループが、徳島県の美馬市、神山、那賀両町の境付近、剣山東部の天神丸から、高城山、土須峠にかけての稜線の総区域面積2990haのエリアに主塔116.5m、ローター径110mの巨大な風車42基を設置する計画が明らかになり、自然災害の懸念や希少種の生育など貴重な生態系を破壊する恐れなど県民から批判、懸念の声が上がっています。

自然保護団体や登山者の団体などから、「オリックスの風力発電計画」建設中止を求める署名や意見書が出されていました。  「県内の希少種800種のうち、約500種が生息し、もっとも原始的な自然が残された場」と指摘しています。

県は県環境評価審査会の意見や関係市町の意見をまとめ24日に「区域内の希少動植物や景観などへの影響に懸念を示し、重大な影響を回避できない場合は事業中止や抜本的な計画の見直しを行う」などの知事意見をオリックスに送ったとのことです。

達田県議は、那賀町の旧木沢村が第二のふるさととのことから、4月末に続き、5月にも計画地を訪れ、計画予定の稜線の一部を歩き「巨大な風車が42基といっても、作業道路や設置場所のの整備など、途方もなく広大な自然を失うことになる」と報告を聞きました。県議団会議での協議を通して「自然を破壊する自然エネルギーの推進・導入は本末転倒」と確認しました。

33522854_870153163168090_8707442126964654080_n 32559863_865598476956892_6638256329771188224_n 33653432_870153326501407_6509038622308564992_n

IMG_7255

白川さんとおはよう宣伝・佐古地域のカフェde座談会に!

四国ブロック国政対策委員長の白川よう子さんと上村県議らとともに徳島駅前での「おはよう宣伝」を行いました。歯切れよく今の安倍政権の問題に対して怒りの報告、市民と野党の共同をさらに進めようと訴えました。
その後佐古地域のカフェde座談会というつどいに、船越市議や白川さんと共に参加しました。
仁比議員の呼びかけDVDをみんなで見た後、我々が短く報告し、参加者の皆さんからは、疑問や意見が次々と出され、美味しいコーヒやお茶を飲みながらの気楽なつどいになりました。
「なぜ安倍政権の支持率がもっと下がらないのか」、「記念オケ疑惑と徳島化製への県補助金問題をもっと聞かせて」、「徳島駅周辺の国・県・市の用地はどうなっているの」、「南北にバス路線は整備できないの」などなどとても弾んだつどいになりました。
参加者の皆さんから貴重なアドバイスもいただき我々の今後の調査にも役立ちます。
「世界も日本も徳島も激動の真っただ中、ぜひ日本共産党に加わっていただき、嘘のない、希望ある政治を実現しましょう」と白川さんが訴えました。

午後からつるぎ町の安定型産廃処分場の現地視察に上村県議らと共に行きました。車で揺られながら現地へ到着しましたが、様々な問題点が浮かび上がリますが、調査をしていきます。

夜県事務所へ到着しましたが、とても疲れました。

 

IMG_7255

2018.5.25.白川さんが佐古支部で集い (21)IMG_7235

DSC_0042

「飯泉知事は真相を語れ」県庁前宣伝、加茂地域で「何でも気楽に語り合うお茶会」が

とくしま記念オケ疑惑の真相を明らかにする会の夕方県庁前行動に久しぶりに参加しました。
役員さんが次々とリレートーク「飯泉知事は真相を語れ」、「森友・加計疑惑と同根の記念オケ疑惑を解明しよう」、「県議会も真相究明の先頭に」などなど訴えました。
私や上村県議もみなさんと一緒にスタンディングやチラシ配布、「夕陽の強い日差しがまぶしいね」と言ったら、まだまだこれから本番と、その通りですが・・・
その後今晩加茂地域で「山田県議・見田市議を囲んで何でも気楽に語り合うお茶会」が開かました。アベ政治NOから、記念オケ問題、阿波踊りの件、乗りやすいバスやコミバスの話題、県営・市営住宅問題、田宮街道の高齢者の横断や自転車通行の話題、待機児童対策や病院のベッド削減の話題など次々と出され、みんなでワイワイガヤガヤと弾みました。
来年の参院選や一斉地方選のことや6月24日の小池書記局長を迎えての大演説会、その前に消費税廃止各界連絡会での大門実紀史参院議員を迎えての講演会も誘い合ってみんなで参加しようと・・・とても気軽な楽しいつどいでした。

DSC_0042 DSC_0045 IMG_7182

IMG_7179

徳島市戦没者追悼式その後とくしま記念オケ疑惑の学習・報告会に!

遺族などが平和への誓いを新たにする徳島市戦没者追悼式に来賓の一人として参加し、献花しました。
この追悼式は、明治以降、太平洋戦争までの戦争で亡くなった徳島市出身の6793人の霊を慰めようと、徳島市が毎年開いています。印象深かったのは、徳島市の八万南小学校5年生の宮本奈摘さんが、祖父から空襲の話を聞いた体験を踏まえ、「人の命はどんなものよりも大切です。命の大切さと平和の尊さを忘れずに生きていきたい」と書いた自分の作文を朗読したことでした。戦後73年今世界でも、日本でも平和の激動が起こっています。   憲法9条を守り、アメリカの引き起こす戦争の根拠地から抜け出し、本当の独立国といえる国になることができるよう取り組まねばと改めて思いました。
夜はとくしま記念オケ疑惑の学習会が開かれ党県議団3人がそれぞれ報告し質疑に応えました。吉野川北岸地域で初めての開催でした。記念オケ疑惑が発覚してから間もなく1年、昨年の6月議会の自民会派の代表質問で、「記念オーケストラに突出した予算をつぎ込む不公平、特定の人物に特権的な待遇を与える不公正、そして説明責任を果たさない不透明という県政運営の根幹にもかかわる問題」・・「盛らず、おごらず、ごまかさずの姿勢を貫くよう求める」と指摘しました。私も議場で「その通り」と・・・しかしその後不公平・不公正・不透明が解明できたのか、否です。ごまかす答弁が次から次へと・・今こそ議会のチェック力の発揮の時ではと訴えました。

IMG_7179 IMG_1105

IMG_7171

「口の周りにあんこ」建設職人さんの名言!

「『口の周りにあんこをべたっとつけとって、食べてない』、こんな安倍はんアウトや」、「日大のタックルもゴジャやけど、安倍の政治もゴジャや」などなど今晩の建設労働組合の2つの分会総会でこんな話題で盛り上がりました。

 建設職人さんの言葉にはいつも驚かされます。
県政でも徳島化製の補助金、とくしま記念オケ問題など税金の使い方がおかしいとの声が次々あがりました。日本共産党への期待をひしひし感じ、あいさつに行った私が元気をもらいました。
 早朝は肌寒いと思いましたが、おはよう宣伝の時には、さわやかな晴れ間が広がり、気持ちよくスタンディング&トークができました。
いつも司会と写真班をしてくれる節子さんは、早朝配達の寒さからアマガエルルック?という淡い緑色のいでたちでした。
わたなべ市議は、さわやかなベージュの装いで、阿波踊り問題などを訴えました。
私は、首相の「獣医大いいね」との2015年2月の加計氏との面談という衝撃的な愛媛県新文書をまず報告、「加計ありき」どころか「安倍ありき」!首相の進退にかかわる重大問題ですと・・・
加計・柳瀬両氏の証人喚問と中村愛媛県知事の参考人招致が不可欠と訴えました。
県政でもその森友・加計疑惑と同様の記念オケ疑惑の解明と地元上八万で名古屋大大学院の加藤先生を招いてのコミバス実現に向け取り組んだ講演会の様子も訴えました。
IMG_7171 IMG_7176 IMG_7161 IMG_7168