IMG_4299

2・11集会、イレブンアクション、そして四国初のシンポジウム!!

今日はめまぐるしい1日でした。

午前中には「建国記念の日」に反対し、9条改憲・戦争する国づくりを許さない2・11集会に参加しました。
弁護士の大西 聡さんが「憲法9条改憲について」の講演、分かりやすく、何としても3000万人署名を達成しようと、勇気、確信そして元気が出る講演でした。その後報告や発言があり、集会アピールが大きな拍手で採択されました。

正午から原発ゼロ徳島連絡会のイレブンアクション宣伝、冷たい中でしたが、寒さに負けずに取り組みました。
今回は党が当番ということで私が司会、各団体や個人から原発即時中止、再稼働許さない、再生可能エネルギーをとアピールしました。
チラシ配布や署名を集める行動に取り組みましたー温かい激励もいただきました。
最後に事務局から来月7年目の東日本大震災、福島原発事故の追悼となくせ原発の徳島集会が、3月11日午後1時からそごうエレベーター下の広場で開催されますと案内しました。

急いで会場へ移動、公正な税制を求める市民連絡会主催で四国で初めての「どうする?日本の財政―公正な税制により社会保障の充実を求める」シンポウム圧巻でした。
司会を司法書士の水谷さん(公正な税制を求める市民連絡会事務局次長)、開会あいさつをこの会の共同代表、元日弁連会長の宇都宮健児さんそして基調講演を埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授の高端正幸さん、聞きながら考えさせられました。
地元の生健会の竹田事務局長、年金裁判の松田原告団長の報告の後、連絡会事務局長弁護士の猪股正さんがコーディネーターで、宇都宮弁護士や高端先生と共に徳島労連の森口事務局長、県商工団体連合会の山本副会長をパネリストにした討論、徳島の現状や問題点を踏まえながら日本の財政、社会保障の充実に向けたそれぞれの意見、とても参考になりました。
又考え方の違いも丁寧に述べられ、徳島ではあまり経験のないシンポでした。時間が足らず、さらに討論で深め合えたらと思いましたが、貴重な時間でした。
閉会を働くもののいのちとけんこうをまもる徳島県センター理事長の堀金弁護士があいさつし、締めくくりました。

IMG_4299 IMG_4333 27655285_817074721809268_5686070798143231906_n 27654662_817127201804020_5856684716909349762_n 27750869_817127205137353_2429557487143956519_n