IMG_0816

今朝の地元紙や夜のテレビで「臨時議会開催見送り」と!

今年最後の地元上八万でのおはよう宣伝を地元後援会の皆さんやわたなべ徳島市議と共に行いました。空模様が怪しいです。
今年の衆院選での市民と野党の共同の取り組み、2018年の名護市長選の勝利めざす取り組みや安倍改憲NOの3000万署名への協力をまず訴えました。
そして私は今朝の徳島新聞に報道されたとくしま記念オケ問題をはじめ県政の課題と改革の方向、わたなべさんは徳島市政問題も訴えました。

今朝の徳島新聞に、「記念オケ知事答弁『虚偽の疑い』追及の臨時議会なし」との報道がされました。「共産申し入れ 他会派賛同せず」と・・・・
今日も様々な方から激励・ご意見をいただきました。「山田さん中途半端でなく徹底的にこの疑惑解明にあたってください」、「他の県議は県民の疑惑を解明せよという声を聞いていないのでしょうか」、「明らかに虚偽答弁ですね。なぜ知事はいろんな言い訳をして川岸氏との関係を否定するんでしょうか」、「国政の森友・加計問題の中途半端性に多くの人が怒りを持っています。徳島のこの問題も絶対中途半端でなく徹底解明をしてくださいね」などなど全く見ず知らずの人や、知り合いの方でも今まで意見など寄せたことがない人たちからも様々な意見・激励が寄せられます。それくらい県民のみなさんからの、この問題の徹底解明を求める思いが強いと感じています。
今日の報道の中に、「(私たち)党県議団がなぜ他の県議に臨時会の必要性を説いて回らなかったのか・・賛同を得るための努力をもっとすべきだった」という記事もありました。
まだまだ努力を尽くす必要性は感じます。しかしこの問題の本質は、「他の議員にも県民の徹底解明を望む声は届いていると思います。それならば他の会派のみなさんからも臨時議会の開催を求める動きが出てもいいのではないでしょうか」、「また議長においても県民の思いに寄り添い、会長・幹事長会などを開くなどの検討の余地はあったのではないでしょうか」、ここに問題の本質があるのではないでしょうか。
今晩の四国放送フォーカス徳島でも、この問題が報道されました。
いずれにしても県民の真相解明の声を議会としてどう果たすのか。議会のチェック力が問われています。

IMG_0816 IMG_0817 IMG_0820 IMG_0821 IMG_0822 25593967_794281160755291_7351709455536743720_n