22528137_700573076808674_3478804646144260506_n

四国比例白川候補が、ふるさと徳島での最後の訴え「比例は共産党」と!!

雨の徳島市、今朝は市内各地で最後のスタンディング&メガホン宣伝、上八万でも6人で取り組みました。「比例代表の1票は」と私がコール、みんなで「日本共産党、日本共産党」と次々と訴えます。
「他候補も今朝スタンディングしていたよ」、「別の候補もバイパスで立っていたよ」との連絡が・・、いよいよ最終コーナー「四国比例で白川さんを国会へ」そのためにも「比例は共産党と書いて下さい」と訴えぬきます。

四国比例白川よう子候補が、ふるさと徳島での最後の訴えを徳島駅前でしました。徳島1区の山本千代子候補や新社会党の高開副委員長、白川候補と共に働いた元徳島健生病院総師長の湊さんがそろい訴えました。
高開さんは、四国から選出されている衆参国会議員に女性が一人もいないことをご存じでしょうかと。「党派を超えて白川ようこさんを国政に送り出す女性アピール」が徳島で発表され、私も名を連ねさせていただきました。知人にメールを送り紹介しています。
今、四国ブロック比例6議席の最後の議席を自民党と共産党が競り合っていると言われています。何としても白川さんに自民党に競り勝って欲しいと力強い応援演説をいただきました。拍手です。
山本千代子候補も平和運動に40年間取り組んだ思いをかみしめ、安倍暴走政権に審判を下し、憲法と平和・くらしを守る国政に転換させたいと訴えました。
そして四国中を駆け巡った白川よう子候補は、「ふるさと徳島のみなさんへの最後のお願いに来ました」とのべ、大接戦・大激戦の四国で、憲法とくらし守り、消費税増税きっぱりのNO、原発再稼働ストップを掲げる日本共産党の議席、そして「比例は共産党」と広げていただき、四国から女性議員を誕生させてくださいと力強く訴えました。
演説を聞き、さあ「比例は共産党」広げに広げようとの思いがさらに湧いてきました。

22528137_700573076808674_3478804646144260506_nIMG_9621IMG_9609IMG_9593