IMG_6982

2017年原水爆禁止世界大会ー長崎始まる

世界で初めて採択された核兵器禁止条約、歴史的な2017年原水爆禁止長崎大会始まりました。

長崎市市民会館体育館は二階席や第二会場を含め超満員、なんと6000人の参加と発表されました。若い人たちの姿を多く見かけ、確実に運動が広がり、頼もしい限りです。
四国は、台風5号の影響で瀬戸大橋線などが止まり、徳島からの参加者は私たち3人だけ、その他の参加者は明日に変更したとのこと。香川県や愛媛県も同様ですが、ただ高知県は40人の参加、すごいですね。
安斎先生のユーモアにあふれた主催者あいさつでスタート。長崎の被爆者木戸日本被団協事務局長のあいさつ、そして中満 泉国連軍縮問題担当上級代表のスピーチ圧巻で、聞き入りました。
核兵器禁止条約の意義や今後の方向などが豊かに語られました。
沖縄からの報告、東北各県や安倍首相のひざもと山口の代表がヒバクシャ国際署名の取り組みと発展の決意、徳島でも活かさねばと思いました。
地元長崎県民の会の方々のスピーチの際、田上 富久長崎市長が登場、力強くあいさつされ大きな拍手が起こりました。
海外代表の核兵器のない世界に向けての行動、地球上の様々な国ぐにでの運動の広がり、核兵器禁止から完全廃絶へ世界中に網の目のような取り組みに感激しました。
2017年原水爆禁止国民平和行進に一カ月あまり通し行進した人たちに大きな拍手、先ほど1日目の日程が終わりました。
県からのメールや徳島にいる上村県議からも台風被害の状況を聞いていますが、被害がないことを祈るばかりです。

IMG_6982 IMG_7035 IMG_7063 IMG_7093 IMG_7181