共謀罪が強行採決された今日、6月県議会開会!!

今朝7時46分、参議院本会議で共謀罪法案が可決されました。中間報告という委員会採決を省略して強行した安倍政権を厳しく糾弾されることです。引き続き市民と野党の共同でこの法律の廃止を求めてたたかう決意を改めてかみしめました。

与党の暴挙は、国民の世論と運動に追い詰められてのもの!内心の自由を侵す違憲立法の共謀罪法は、戦争法、秘密保護法とともに廃止を求めてたたかおう!自民党、公明党が多すぎる!共謀罪に賛成した維新も含めて議席を減らそう!東京都議選でも審判をくだそう!そういう思いを固めました。

今日から徳島県議会は6月議会の開会でした。知事の所信表明で「クラシック音楽のコンサートで演奏家の手配をしていた東京の会社とその代表の女性が脱税の疑いで告発された問題で、県の外郭団体などを通じてこの会社に支出され費用について、金額などの詳細を説明していく考え」を示しました。6月5日の知事記者会見で「税金の使われ方として、ただその1円1円がどこに行ったんだと、1円くんどこに行ったのっていうことよりは、まずその出したお金、これが最終的にどのようなアウトプットを生んだのか」と県民感覚から離れた発言をしていたので、ほんとうに県民の求める調査になるのか見極めが必要です。今日の県議団会議でも県民の目線でこの問題の角度を上村県議の一般質問に反映させようと協議しました。内心の自由を侵す違憲立法の共謀罪法は、戦争法、秘密保護法とともに廃止を求めてたたかおう!自民党、公明党が多すぎる!共謀罪に賛成した維新も含めて議席を減らそう!東京都議選でも審判をくだそう!志位和夫委員長が決意表明しました!内心の自由を侵す違憲立法の共謀罪法は、戦争法、秘密保護法とともに廃止を求めてたたかおう!自民党、公明党が多すぎる!共謀罪に賛成した維新も含めて議席を減らそう!東京都議選でも審判をくだそう!志位和夫委員長が決意表明しました!