IMG_5809

「基金という名のプール金」???

徳島県で行われたクラシック音楽のコンサートで演奏家の手配をしていた東京の会社アンサンブルセシリアとその代表の川岸美奈子容疑者が脱税の疑いで告発された問題で、県は、この会社が関わったオーケストラのコンサートに昨年度までの6年間でおよそ7億2500万円が支出されていることを、今日の総務委員会で報告しました。
徳島県文化振興財団などが主催する「とくしま記念オーケストラ」のコンサートで、演奏家の手配などをしていた東京の音楽プロダクションとその代表の女性が先月、東京国税局に脱税の疑いで告発されたものです。
自民の議員をはじめ多くの議員がこの問題を追及しました。
私もこの音楽事業の原資になっている「文化立県とくしま推進基金」などの問題を追及しました。この文化立県とくしま推進会議という任意団体の会長が飯泉知事、知事に説明責任があるのは当然です。最大の問題は多額の公金で造成されているこの基金、基金条例がない、県には34基金在りますがすべて基金条例は存在します。当然です。
多額の税金を投入しているのに予算も、支出状況も議会や県の出納部局もチェックできない、あまりにも異常、結局「基金という名のプール金だ」と指摘し、徹底調査を求めました。引き続き上村県議の一般質問で取り上げる予定です。

IMG_5809 IMG_5807IMG_5805