IMG_3673

「風にも負けず」宣伝!!

先週の火曜日の朝宣伝は、「雨にも負けず」でしたが、今朝は「風にも負けず」宣伝でした。地元上八万後援会のみなさん、わたなべ亜由美徳島市議と共に訴えました。
今朝は風雨が強く、しんぶん赤旗の到着が遅れ、妻とともに手分けして配達するというアクシデント、さらに宣伝の終了時にはハンドマイクの音が切れるというアクシデント・・・
しかし無事宣伝を終了しました。この雨・風が全国的に影響が出ないことを祈るばかりです。さらにアクシデントは続きます。「ぎっくり腰」でしょうか・・控室から早めに退室しました。

参院国民生活・経済に関する調査会は12日、地域活性化の取り組みと地域間格差の現状と課題について参考人質疑を行ったとの報道がありました。

日本共産党の岩渕友議員は「原発事故を経験した日本こそ再生可能エネルギーへの転換が必要ではないか」と質問。明治大学の小田切徳美教授は「地元の中小企業の仕事や雇用に結びつき、地域に新たな収入が生まれる。農山村でこそ再エネの意義は大きい」と答えました。

また徳島県の飯泉嘉門知事は、昨年9月の県議会で日本初の「脱炭素社会づくり」の条例を制定したと紹介。「国に対して、再エネが活用できるよう制度改正を要望していく」と述べましそうです。

今の国の制度では、電力会社が原発を続けるために太陽光発電などの買取を拒否できる仕組みになっており、自然エネルギー導入を進める大きな障害になっています。

2月県議会では、脱炭素社会の実現と自然エネルギーの最大限の導入に取り組む立場から「自然エネルギー抜本的見直しを出力制御問題の抜本的解決を求める意見書」を全会一致で可決しました。

IMG_3673 IMG_3672 IMG_3669