放置空き家の対策を!!

先日、ある集まりで「近所に放置されたままの空き家があり、住人も別のところで住んでいる。もし崩れたら近所にも被害が出る。解体費用などの助成はないのか?」という要望が出されました。

今朝の地元紙の一面でも「空き家実態把握 道半ば」「災害時倒壊の恐れ 放置対策が急務」との報道がありました。

早速徳島市の建築指導課に問い合わせ、危険廃屋解体費支援事業について説明を受けました。「補助金の額は、対象経費に2分の1を乗じて得た額以内とし、300,000円が限度だそうです。今年度は20件の応募がある締め切られたそうですが、調査はすぐにでも行きます。連絡ください」とのことで、相談を受けた方に連絡を取りました。

今後さらに実態把握と放置対策が急がれます。