県議会・交通費「費用弁償」見直しへ!!

昨日開かれた徳島県議会議会運営委員会で、議員が本会議や委員会さらに議案調査日の出席に対し、交通費として定額で支払われている費用弁償について、制度を見直すことになりました。

11月10日に開く会長・幹事長会に各会派が検討結果を持ち寄り、協議を進めることになりました。

私たちの会派は、以前から実費支給に改善することを長年求めてきました。

各自治体の議会の動きを見ると、廃止や実費支給に変えている所が増えてきています。2008年には、大阪府議会が費用弁償を廃止しています。また東京都議会でも、費用弁償を削減する条例案(日本共産党など5会派が昨年第1回定例会で共同提案)は継続審議となっています。他の都道府県でも見直しが加速されると思います。

私たちは、県民の声、他県の動向を踏まえ、検討を重ねます。