14068189_564708663712543_6002163008024477218_n

熊本から今晩帰りました!!

   今晩無事徳島に帰ってきました。総走行距離往復で1500キロ、ほとんど運転したためくたびれました。しかし本当に熊本に出かけてよかったというのが私たち3人の共通の思いでした。

熊本地震の復興支援で、熊本市の南東部沼山津の大損壊の民家の片づけに行きました。
ボランティアセンターの青年の指揮で、片づけは、はかどりましたが・・・
立派な家ですが、「取り壊し」とのことです。
解体業者も手一杯で、2年くらいかかりそうと・・・このお宅の方から当時の状況を聞きましたが、かける言葉がありません。

益城町の馬水仮設住宅へも、物資を持って一軒、一軒訪問しました。
トイレットペーパー、お米、カボチャを少しですが届けました。
なんと届けたお宅から「暑い中、ありがとうございます。これ飲んでください」と何人からも、こちらが励ましていただきました。
「八十八ヶ所回りました。徳島懐かしいです。遠くからありがとうございます。このキンウリあまり冷えてないけど全部食べて」とタッパーに入れて差し出され、仮設住宅横の長いすに腰掛け、いただきながら当時の話しを聞かせていただきました。
途中手作りのクッキーを配る青年たちのボランティアとも話しをしました。
熊本地震被害のほん一部ですが、来て、見て、聞いて、お話しができ貴重な時間が持てました。まだまだ復興には、時間がかかります。解決する課題も山積しています。

熊本地震で最も被害が深刻だった益城町、そこに住まいされ、自らも被災された新婦人の県本部会長さんに町を案内していただきました。
言葉を失いました。4か月が経ちますが、住まいや生業が本当に大変です。
「昨夜スーパー横の家が危険なので、近寄らないようにと聞いていたが、今日やはり崩れましたね」と・・・
あちらこちらでこんな危険があるようです。
政治の役割とさらなる支援が必要だと実感しました。

 ボランティアセンターの方から熊本城の被害も、見てくださいと・・・
二の丸駐車場に、車を止め、遠くから見たらあまり感じなかった熊本城の惨状が、近づき加藤神社まで行くと、深刻な被害がはっきり感じられました。復興には時間も予算もかかりそうですが、1日も早い復興を期待します。
短い時間でしたが、様々な皆さんの協力で貴重な体験と時間を持てました。
徳島に帰って、この体験を報告し、支援の輪を広げます。

14068189_564708663712543_6002163008024477218_n 14068279_564708670379209_64322748486281015_n 14063947_564708697045873_2394869294662144801_n 14054921_564708700379206_7902697286486951789_n 14055043_564708737045869_6438961212036637913_n14068123_564708730379203_4437368622660051207_n 13934788_564172143766195_2921785190564799296_n 13939514_564172157099527_5261070682058044161_n 13895094_564172177099525_5434804858890059567_n 13932948_564172190432857_958363979619955533_n 13934737_564172210432855_3799791437695352804_n 13939606_564172223766187_2877545747170687373_n