IMG_1268

戦後71年の「慰霊の日」沖縄全戦没者追悼式が!!

戦後71年の「慰霊の日」を迎えた今日23日、糸満市摩文仁(まぶに)では、「沖縄全戦没者追悼式」が行われました。

沖縄戦では、県民約9万4000人と日米軍人・軍属合わせて20万人余が亡くなりました。犠牲者の名が刻まれた「平和の礎」には、計24万1414人が刻銘されています。

比嘉みずき県議のF・Bによると、うだるような灼熱の暑さのなか、「礎」には早朝から多くの遺族が訪れ、犠牲になった家族の名をそっと手でなぞりながら、刻銘碑に水をかけ、静かに手を合わせていました。

 追悼式典の参列者は正午の時報に合わせて、1分間黙とうしました。

平和宣言で翁長雄志知事は「私たち県民が、身をもって体験した想像を絶する戦争の不条理と残酷さは、時を経た今でも忘れられるものではありません。この悲惨な戦争の体験こそが、平和を希求する『沖縄の心』の原点なのです」と指摘。

戦後、広大な米軍基地あるがゆえに、71年間にわたり、米軍人・軍属による事件・事故が繰り返され、4月には元米海兵隊員の米軍属による女性強姦殺人・遺体遺棄事件が起きたことを挙げ、「非人間的で凶悪な事件に対し、県民は大きな衝撃を受け、強い憤りを感じている」と述べました。

翁長知事は「日米安全保障体制と日米地位協定の狭間での生活を強いられている沖縄県民には、日本国憲法が国民に保障する自由、平等、人権、そして民主主義が等しく保障されているのか」と問いかけ、「真の意味で平和の礎を築くためにも、日米両政府に対し、日米地位協定の抜本的な見直しとともに、海兵隊の削減を含む米軍基地の整理・縮小、過重な基地負担の軽減を先送りすることなく、ただちに実現するよう強く求める」と訴えました。

辺野古新基地建設についても「県民の理解は得られず、これを『唯一の解決策』とする考えは到底許容できるものではありません」と力を込めると、会場から割れんばかりの拍手と指笛が沸き起こりました。

金武(きん)小学校6年の仲間里咲さんが、平和の詩「平和(ふぃーわ)ぬ世界(しけー)どぅ大切(てーしち)《平和な世界こそ大切》」を朗読したとのことでした。

野党共闘の大西さんの政策には「辺野古新基地建設反対」が盛り込まれています。改めて先日の沖縄平和ツアーを思い出しました。

IMG_1268 13165993_593830974128634_5495796173672134061_n