tiikikeizaisinnpoimg_0001

「消費者庁の移転で徳島は元気になるか?」一緒に考えるシンポに参加を!!

昨日の地方創生対策特別委員会で、国民生活センターの鳴門合同庁舎の研修の実証実験などについて質問しました。
5月の最初の研修には、徳島県内から50人、県外19人と県内7割、東日本からの参加者はゼロ、県の希望通りにはなりませんでした。この実証実験前には、飯泉知事と河野担当相が「徳島の研修への選択を」との依頼を全国の知事に発出。判断を下すべき担当相が特別に参加を要請するのは問題と国会でも追及がありました。「要請してからの時間があまりなかった、熊本地震の影響もあった」と県は苦しい答弁・・・
一昨日から始まった2回目の研修は、予定人員72人に対し、39人の参加、徳島県内から20人と前回より大幅に参加者が減ったことが明らかになりました。マスコミでは報道がありません。
消費者庁・国民生活センターの移転で、徳島の活性化、元気につながるのか一緒に考える手作りシンポを開催します。ぜひご参加ください。

tiikikeizaisinnpoimg_0001