広域交流特別委員会が!!

今年度最後の広域交流特別委員会の付託委員会がありました。

40分という制限時間内で、観光振興の通信簿といわれる、2015年の1月から12月までの年間値、都道府県別のベ宿泊者数(徳島県は全国最下位)や60%前年より伸びた外国人のベ宿泊者数を質問。(四国では伸びたといわれても最下位)、イベントだよりではない新たな戦略が必要と指摘しました。

また18億円の県費を投入する阿波おどり空港の機能強化も質問しました。知事は、「香港・台湾などの連続チャーター便そしてLCCなぢにとりくむ」といいますが、すぐ目の前のハブ空港関空にLCC専用の第3ターミナルが次年度新設され、第2ターミナルと合わせると800万人年間受け入れ可能という状況で、徳島がLCCを誘致するなど可能か、一周、二周遅れの18億円の県費投入は県民から厳しい批判の声が出ると指摘しました。