0dbdef89338ab37686cd84d6f34d203c

遍路道に、赤茶色の汚れた水が??

「遍路道を世界遺産に」という声も高まっていますが、「雨が降ると遍路道に赤茶色の液が流れ出して、汚くて困っている…」という声が達田県議に寄せられましたので、夕方前に県議団3名で現地視察に行きました。
阿南市の新野町から福井町に抜ける県道で、四国の道では「竹林の道」と紹介されているところです。
驚きましたが本当に、道路が赤茶色に染まっています。
「この道路沿いは、かつてはきれいな谷や田畑があった」との達田県議の話しでしたが、数年前、ここに大量のごみを埋め立て、谷だった部分は小山となっています。
この汚い汚水は、ごみ埋め立て場所から流れ出しているようです。
今日は道路が濡れていませんでしたが、雨降りだと、赤茶色の水が流れて、ビショビショとそれを踏んで歩かなければならないお遍路さんは難儀しているそうです。
「いやしの道」と書かれて「ごみを捨てないで」と書かれています。
「ごみ捨て」は以前に比べて少なくなったようですが、谷が山になるほど大量のごみを埋め立て、数年たってもこんな汚い水を流れ出させて、大迷惑をかけている「ごみ埋め立てをした者」の第一義的な責任はもちろん、行政などが機敏に対応する責任があると思います。

達田県議が「県道」なので、南部県民局に対策を要請したとのことですが、なんとか、「四国の道、きれいな癒しの道」となるように求めて行きたいと思っています。

0dbdef89338ab37686cd84d6f34d203c 8ca248cd0ed685978ee0bdd6bd869cb1 9c9d515386204bb0cfd28c7d23864899 9eb73c9d067f51edcd45ddb45f4484d3