12439013_477989082384502_9105460296041087836_n

生きた言葉で!!

今年最初の地元朝宣伝。わたなべ徳島市議や上八万後援会の皆さんと共に訴えました。
曇天ですが比較的温かい朝、「思想と言葉を磨く」「生きた言葉で」という目標が頭の中でぐるぐると・・・なかなかです。

手垢のついた言葉が次々と、時間をかけて聞く人たちが何を望んでいるのかここを考えねばなりません。
最後は「今年もよろしくお願いいたします」と・・・

その後県議控室で、富山元事務局長も加え4人で県議団会議を持ちました。

ここでも昨日の志位委員長のあいさつの感想が出され、特に「自分たちは正しいから、それは伝わるだろうというのではなくて、伝えたい相手に対する敬意をもち、主権者が主権者に語りかけるような対等な姿勢でいかにメッセージを伝えるかについて、共産党はすでにいろいろ努力していると思うが、もっと謙虚に力を傾注してほしい」という上智大学の中野晃一さんの注文を紹介しつつ、「今国民一人ひとりが、これだけ個性豊かに、自分の生きた言葉で語り出しているときだけに、私たち共産党員も、一人ひとりの個性や素晴らしさを大切にして、生きた言葉、自分の言葉で訴えていく努力がさらに必要だと思う」と志位さんが述べたことに、各人から様々な意見と思いが出されました。

富山さんからも「考えること」の重要性が示されました。

最後に「国民連合政府」が目的とする立憲主義の回復が「個人の尊厳を回復し、守り、大切にする社会をつくろうということ」であることが再確認され、今年を日本の政治の変革という点でも、日本共産党の躍進という点でも、新しい歴史をつくる年にしていくために、党県議団として力を尽くして奮闘しようと決意を語り合いました。

12439013_477989082384502_9105460296041087836_n 12439159_540020942842971_1671102680777758324_n