IMG_6521

山橋さん安らかに

「盲導犬の啓発に尽力していた徳島市のマッサージ師山橋衛二さんが近くの病院に出勤途中、トラックにはねられて亡くなった。8年間、山橋さんを補助し、あと1週間で引退する予定だった10歳の盲導犬ヴァルデスも死んだ。
盲導犬を連れた視覚障害者の死亡事故は、県内で初めてと。どうすれば歩行者の安全が守れるか。読み取るべきはそんな教訓だ」昨日の地元紙のコラムの一節です。

今日山橋さんの葬儀があり、妻とともに手を合わせ、「安らかにおねむりください」と別れの言葉をかけました。ご家族、関係者のみなさまに、心からのお悔やみを申し上げます。

徳島の盲導犬を育てる会の25周年記念号(2014年5月1日発行)をいただきました。

「当時のポスターを飾っているのは、山橋さんとアルクです」と、冊子の中には「すっかり自立した息子の姿を頼もしく見つめています」お母さんの言葉・・・見入りました。

今日の県議会文教厚生委員会でも、この悲惨な事故を受けて、「どうすれば障害を持つ人たちの歩行の安全をまもれるか」その方策が議論されたと聞きました。

IMG_6521