P1100379

四国電力本社へ2つの申し入れ!!

明日が上板町議選が始まるため、今朝地元宣伝。あいにくの雨模様でしたがわたなべ市議や地元後援会の皆さんと・・・
戦争法案廃案に!と・・・

街頭宣伝後香川県議会に出向き、日本共産党のオール四国のメンバ委で、四国電力への申し入れに行きました。

伊方原発再稼働中止の申し入れの前に、春名元衆院議員と我々3人の県議団で、「小見野々ダム上流部の堆砂土砂の早急な撤去と那賀町木頭地区の浸水被害の未然防止を求める申し入れ」を四国電力に要請しました。
担当者から「「堆砂土砂のさらなる撤去、上流部の大量の土砂の流入を防ぐ対策などを県との協議を強め対策を講じることを検討したい、木頭地域の被害を受けられた皆さんへの説明なども検討します」との回答。見守り、県へも取り組みの強化を求めていきます。
川内原発に続き伊方原発の再稼働が狙われる緊迫の中、本日四国四県の党県委員会、県議団など18人が四国電力に再稼働中止を強く申し入れました。
ここの担当の回答には、驚き、あきれました。福島の深刻な事故から何も学ばない、感じない無責任な姿勢、世論と運動で追い込んでいくことが大事だと実感しました。

P110037911987012_1634864623420463_844122102270220278_n