リーフ020

中国人実習生に続き、カンボジア実習生でも!!

「年に休日2日、残業代時給350円、人間扱いされない」徳島市の縫製会社で働いていた中国人実習生に、「未払い賃金が払われることに」としんぶん赤旗7月3日付で報道されたところでした。

国会で、小池・仁比参院議員が緊急要請・委員会でも追及してきました。徳島労連の森口事務局長は「日産時常盤だけでなく、外国人実習制度を語った『奴隷制度』が徳島県内で日常化している」と警告を発していました。
今度は、カンボジアから来ていた実習生が、徳島県内の縫製会社で、「残業代時給300円、休日も時給300円、あまりにもひどい、こんなところでは就業させれない」とカンボジア実習生の送り出し機関も労働局に告発、カンボジアの実習生4人も労働局に申告したことを徳島労連の森口さんとの打ち合わせで聞きました。

関係機関も徳島県もこの問題の抜本的打開が求められています。

さっそく徳島の商工部にも懇談の要請を行いました。

リーフ020