「戦争立法」法案閣議決定許せない!!

安倍内閣が「戦争立法」を閣議決定し、明日衆院に提出しようとしています。絶対に許せません。今日東京の仁比参議院議員の部屋で、申し入れをする中でこのニュースを聞きました。

一代国民運動の時です。中央からも訴えが出されました。

「戦争立法」を阻止する国民的大闘争の募金へのご協力を訴えます

2015年5月 日本共産党中央委員会

全国の党員・支持者のみなさん。

安倍内閣は、日本を戦争する国につくりかえる「戦争立法」を、いま開かれている国会で成立させようとしています。この「戦争立法」を阻止するたたかいは、日本の国のあり方、日本の命運を左右する文字通り歴史的なたたかいです。

「戦争立法」は、11本で構成され、「平和と安全」の名称をつけていますが、いずれも憲法9条を真っ向から破壊する内容です。第一は、アメリカが世界のどこであれ、アフガニスタン戦争やイラク戦争のような戦争に乗りだした際、自衛隊が従来の「戦闘地域」までいってこれを支援することができます。第二は、3500人もの戦死者を出しているアフガニスタン国際治安支援部隊のような活動に自衛隊が参加することになります。第三は、日本がどこからも攻撃されていないのに、集団的自衛権を発動してアメリカの戦争に自衛隊が参加し、武力行使に乗り出す道が開かれます。しかも、安倍首相は、日米首脳会談で、当時まだ国会に提出してもいなかった法案の成立を約束しました。自衛隊を海外の「戦地」に派兵し、「殺し、殺される」戦闘を行う―憲法を破壊する「戦争立法」を断じて許すことはできません。

「戦争立法」反対、「9条守れ」の声は国民の多数です。日弁連などの法曹界、宗教界など幅広い団体や保守の政治家なども反対の声をあげており、「戦争立法」反対の一点共闘はあらたな広がりをみせています。全国の職場、地域、学園で、思想・信条・宗派の違いを超えた国民的な共同を大きく発展させましょう。いっせい地方選挙で「戦争する国づくり」ストップを大争点におしだした経験を生かしてただちに宣伝・対話、集会・つどい、パレードなどを全国津々浦々で展開しましょう。

日本共産党は、戦前から侵略戦争に命がけで反対し、日本国憲法の平和・民主主義が花開く社会をめざす政党として、国民のみなさんと力を合わせて「戦争立法」を許さないたたかいに全力をあげます。今回の募金は、この歴史的な国民的大闘争を前進させるための、宣伝物や諸闘争を支える費用として活用するものです。全国の党員・支持者のみなさん、「戦争立法」を何としても許さないという熱い思いを込めた募金をお寄せ下さることを心から訴えます。

【「戦争立法」阻止の国民的大闘争をおこすための募金】の送り先

日本共産党中央委員会、または都道府県委員会、地区委員会、党支部などで受け付けます。職場、地域、学園のもよりの党員、党議員、党事務所などにお渡しください。

中央委員会に送金される場合は下記にお願いします。

郵便振替の場合

口座番号

00170-7-98422

加入者名

日本共産党中央委員会

通信欄に、住所、氏名、職業、および「戦争法阻止募金」と明記してください。

銀行口座から送金の場合

ゆうちょ銀行 店番 〇一九

(ゼロイチキュウ)

口座・受取人名

当座0098422

ニホンキョウサントウチュウオウイインカイ

送金と同時にbokin@jcp.jpに氏名、住所、職業、金額、および「戦争法阻止募金」と明記したメールを送信してください。

※いずれの場合も送金手数料はご負担ねがいます。