522038_365003480344719_4000849739907534484_n

戦後70年、被爆70年!!

今朝は吉野橋交差点で見田市議と、佐古2番町交差点で船越市議や佐古後援会の皆さんとの宣伝でした。

第2次世界大戦終結と日本のアジア・太平洋戦争での敗北から70年の今年は、アメリカが広島と長崎に原爆を投下した「被爆70年」です。原爆は多くの人命を奪い、放射線による被害は、戦後も長く被爆者を苦しめてきました。

4月末からは国連本部で5年ごとの核不拡散条約(NPT)再検討会議が開かれます。なんとしても今年を「核兵器のない世界」への転機としようと訴えました。

昨年の赤旗まつりに東京へ行った際、第5福竜丸記念館に立ち寄りました。

『第5福竜丸は生きている』新藤監督の自筆ののぼりが印象的でした。

「私は広島の出身だから、原爆で広島が破壊されたことは、私自身が破壊されたように考えているわけです。だから『原爆の子』『第五福竜丸』『8/6』『さくら隊散る』、そしてテレビドキュメント『ヒロシマのお母さん』と、原爆を撮り続けてきました」と語った新藤兼人監督。

「核兵器のない世界」への転機の年に、この気持ちを込めて訴えました。

522038_365003480344719_4000849739907534484_n