S2300041

「元気をもらいました」と!!

演説会に参加いただいた皆さんありがとうございました。

700人が集まり、高橋ちづ子衆院議員の温かみのある語り口で、「本当に元気をもらいました」と参加された皆さんが感想を述べられました。

高橋さんは安倍政権の暴走政治は、あらゆる面で極まっており、日本共産党の躍進で退陣に追い込もうと訴えました。

そして本当の地方政治を取り戻すには日本共産党がいちばんのたよりですと・・・・。

私も「国の悪政ときっぱり対決する日本共産党の議員が増えることこそ、本当の意味で地方を守る、徳島を守る最も確かな力になる」と訴え、児島前県議の政務調査・活動費の不正請求の背景にオール与党のなれ合い県議会というところにも問題があると考えますと指摘。

「税金の使い方、使われ方をしっかりチェック・監督しなければならない県議会が、わが党を除いてオール与党のなれ合い状況にある」、「国保料・国保税を何とか軽減してという多くの県民の願いには予算がないとしながら、一民間企業の徳島化製には以前は毎年3億円、今年も1億円、逆立ちしている」と、

無理が通って、道理が引っ込む県政を変えるため力を尽くしますと・・・・。
今日の演説会をバネにいっせい地方選勝利にむけて全力投球します。

S23000412014-10-11 15.46.08 HDR (1)2014-10-11 16.36.18S2300048