カテゴリー別アーカイブ: 活動

季節が徐々に

徳島市では、阿波踊りが終わると季節が徐々に変わるように思います。

今日の深夜には、雨が降る中鈴虫のリーンリーンという音色が聞こえました。猛暑の夏が終わりに向かい、秋が生まれつつあるようです。

お盆休み明けの今日は、県議団会議そして党の定例の会議でスタートです。

徳島市の新町川では灯篭流しが、テレビでは京都の五山の送り火などの中継を見ました。

2018.8.15._____ (19)

アジア・太平洋戦争終結73年、終戦記念日の街頭宣伝に

アジア・太平洋戦争で、日本が進めた侵略戦争と植民地支配が終決して73年の今日、徳島駅前で正午に黙とうをした後、古田県書記長、上村県議と共に終戦記念日の街頭宣伝をしました。
阿波おどり最終日でしたが、例年より駅前の通りは少ないように感じました。私が訴える途中で雨も降りだしました。
この戦争では、アジア・太平洋地域で2000万人以上、日本人300万人以上徳島でも7月4日の徳島大空襲で約1000人の死者、日米開戦後の県出身軍人など約2万8千人が犠牲になりました。戦前の歴史の反省から生まれたのが日本国憲法です。
ところが安倍政権は違憲の安保法制=戦争法を強行し、自衛隊明記の9条改憲を狙っています。一方で、平和を願う各国の民衆運動を原動力とする平和の激動が朝鮮半島と東アジアで起こっています。この平和体制構築のプロセスが成功すれば、改憲など安倍政権の「戦争をする国づくり」の「根拠」は崩壊します。戦争か平和かの歴史的岐路のなかで戦後73年を迎えました。
日本国憲法の前文には、「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないようにする」という決意が刻まれています。
「真実を見抜いて行動する大切さ」、73年目の終戦記念日にあたり今こそこの言葉を活かしましょうと訴えました。

街頭宣伝終了後、節ちゃんと一緒に地元の宅宮(えのみや)神社の神踊りを見に行きました。
雨が激しく降り、天気の回復を待ちましたが、社殿での奉納踊りとなりました。
この神踊りは、五穀豊穣・悪病退散を祈願して、平安時代の末頃から始まったと伝えられ、これまで一度も中断されることなく、昔の姿が今に伝えられているところに特色があると聞きました。あの戦争中もみんなの知恵で継続されていたとのことすごいです。
古式豊かで平和と純朴さがにじみ出ている踊りであると、宅宮神社略記に記されています。11地区の氏子(馬組)が輪番で奉納します。今年は星河内馬組です。
資料館にも紙人形での神踊りなどの素晴らしい作品に見入りました。最後まで見れず、県庁へ・・・

2018.8.15._____ (19) 2018.8.15.終戦日宣伝 (7) IMG_0208 39206527_1067296306782096_8628447550858330112_n 39144021_1067296263448767_7410389053276684288_n IMG_0233 39223112_1067296413448752_7569178478155661312_n IMG_0223 IMG_0214 IMG_0218

IMG_0186

定例の上八万でのおはよう宣伝

お盆休みですが出勤の方もいるので、定例の上八万でのおはよう宣伝を山田ファミリー3人でしました。
明日は、アジア・太平洋戦争終戦73年、安倍首相の戦前、戦後を区別せず、「強い日本」をつくるとして、9条改憲を目指す動きを批判、翁長知事の遺志を受けて、沖縄のたたかいをはじめ、市民と野党の共同を訴えました。
また昨日から全国報道もされている総踊りの件、「誰のための阿波踊りか」とも訴えました。
今日も猛暑、汗をぬぐいながらの宣伝でした。

その後は、一服して、県事務所での用務にかかりました。

IMG_0186

IMG_0196

IMG_0177

阿波踊り2日目、総踊りが今晩実施

阿波踊り2日目の徳島、県庁は通常勤務ですから、私も控室に出向き用務にあたりました。
昼過ぎの眉山の風景をパチリと・・酷暑の影響も実感します。
有料演舞場も、空きスペースがあるなど例年より人手も少なくなったとの報道も・・・亀川さんの写真をシェアさせていただきました
総踊りが今晩実施されるというニュースが、大きく報道されています。
今晩10時から両国橋南詰おどりロードで14の踊り手のグループ1500人規模で独自に「総おどり」を実施する予定とのことです。
実行委員長を務める徳島市の遠藤市長が、今日午後、緊急の記者会見を開き、総おどりを行わないよう強く呼びかけたとのことでした。

今夜10時過ぎ「総踊り」が行われたそうです。すごい熱気です!

IMG_0177

IMG_0173 39120575_1844770945615380_5530385694909792256_o

39012093_1844771005615374_7870653249253015552_o

39024276_940394849477254_5808098022571114496_n

妻の実家、那賀町雄(おんどり)へ

 昨日までは、神戸の私の母に、今日は妻の実家、徳島県南部の那賀町雄(おんどり)に行き、お父さん、お母さんに会いました。
3人の親も高齢になりましたが、私たちの顔を見るのが楽しみのようです。妹も交え、様々な話しが広がります。もっと顔を見せねばと思いますが・・・
お父さんと共に墓参りに、相変わらず暑いですが、稲も実り、半月もすれば稲刈りだとのこと、季節は進んでいるなと思いました
今日から徳島市の阿波踊りがスタートです。

39024276_940394849477254_5808098022571114496_n 38792730_940394886143917_2464965749324644352_n 39077938_940394862810586_4064893332541669376_n 39062242_940394889477250_4115592144410902528_n

IMG_0090

一安心です

 妻や娘たちと神戸に、昨日・今日と心配した母の容態も回復に向かい、一安心でした。
その合間に弟から、近所にある神戸平和と労働会館主催の第9回ピースフェスティバルに参加してとのことで、妻や長女と共に出かけました。森本神戸市議も見えられていました。

会費を出し合い、年に一度開催しているとのこと、2階では「平和のための原爆・戦争写真展」も日野館長さんに案内いただきました。
弟が司会したのも驚きでしたが、原水禁広島大会に参加した若者の報告、そして合唱・トランペット・サックス合奏、ギターソロ、ハーモニカの合奏など平和の話し、コンサート、そして歓談、短い時間しか参加できませんでしたが、楽しく過ごせました。
また普段喫茶と軽食を提供している「若草物語」の女性陣が、ハーモニカの合奏とともに手作りの料理を作ってくださりこちらも大満足でした。私からも一言お礼のあいさつをさせていただきました。
母の顔を見、話をして、手を握り、徳島へ帰ってきました。

IMG_0090 IMG_0124

20180812こんにちは山田豊ですNO73

長崎原爆投下73年、「こんにちは山田豊です」にも

長崎原爆投下73年、11時2分に黙祷を捧げました。
長崎市ではこの日、平和式典などが行われ、犠牲者を追悼するとともに、核兵器廃絶の願いに包まれたとの報道を見ました。
今年の平和式典には国連のグテレス事務総長が出席。長崎の式典への国連事務総長の出席は初めてとのことです。。
国連で核兵器禁止条約が採択されて1年。いまだに署名・批准を拒む日本政府に怒りの声が高まっています。長崎では「『ヒバクシャ国際署名』をすすめる長崎県民の会」が、禁止条約の一日も早い成立を目指し、県有権者の半数に当たる50万人を目標に「ヒバクシャ国際署名」に取り組み、署名は8月1日現在で28万6826人分が寄せられたことを赤旗で知りました。
安倍首相は今日もそんなこと一言も語らなかったけれど・・・唯一の被爆国として、核兵器禁止条約にサインする事を政府にしっかりと求めていくために、これからも力を尽くします。今週号の「こんにちは山田豊です」もそのことを書きました。

20180812こんにちは山田豊ですNO73

台風の影響で

台風の影響で、飛行機が飛ばない可能性もあり、新幹線で東京往復、疲れました。今新大阪に到着、明日徳島に帰ります。

 翁長沖縄県知事が亡くなったとのニュースを聞きました。本当に残念です。ご冥福をお祈りします。

2018.8.7アスベスト申し入れ 005

「静かな時限爆弾」、「見えない公害」アスベスト対策の強化を申し入れ

お盆前最後の上八万でのおはよう宣伝、4人でスタンディング&トーク、今朝も熱いです。
被爆73年目の広島、被爆者・国民の願いに背き、禁止条約に反対する安倍晋三首相を「どこの国の総理か」と批判が巻き起こったことなども紹介しました。「ヒバクシャ国際署名」を広げに広げよう。市民と野党の共闘をすすめ、禁止条約にサインする政府をつくろう」とよびかけました。わたなべ市議は迫ってきた徳島市の阿波踊り問題も報告しました。

午後、働く者のいのちと健康を守る徳島県センターの堀金理事長はじめ、徳島建労、建交労、徳島労連などの代表が参加し、飯泉知事に申し入れをしました。「徳島県のアスベスト関連疾患の労災認定数が、他県に比べて低すぎます」、「徳島建労が専門医に依頼し、実施した胸部レントゲンの再読影で毎年5%以上の仲間の肺に石綿所見が指摘されている」などの実態を、県の担当部局の方に示しました。
そしてアスベスト対策の強化、被害の拡大防止、アスベスト専用分析器の購入や、県立工業試験場の検査費用の助成、そしてアスベスト被害を診察できる専門医の養成を知事あてに申し入れをしました。
県は本腰を入れた対策を真剣にとるべきです。

2018.8.7アスベスト申し入れ 005

IMG_0007

IMG_0018

2018.8.6.平和の火のつどい (7)

広島への原爆投下から73年、鳴門市の東林院で「平和の火のつどい」が

 広島への原爆投下から73年を迎えた今日、鳴門市の東林院で「平和の火のつどい」がありました。非核の政府を求める徳島の会と「平和の火」をともす地元実行委員会の共催で毎年8月6日に開かれています。
峠三吉の原爆詩集朗読があり、広島の原爆投下時刻の8時15分、ベートーベンの「第九」、憲法9条の平和への思いを込め、9回の鐘が鳴り響き、私も参加者の皆さんと共に黙とう。
地元の子供たちが、「原爆の火」がともるモニュメントに、折り鶴を献上しました。
今年は、ベートーベンの「交響曲第九番」(第九)がドイツ兵捕虜たちによってアジアで最初に演奏されてから、100年を迎えた初演の地が徳島県鳴門市です。
地元の音楽グループ、「エベレスト・ザ」の子供たちや合唱団の皆さんが平和への祈りを込めての「第9」の合唱、目を閉じ聞き入りました。
人類史上初めて核兵器を違法化する核兵器禁止条約が国連で採択されて1年。条約に背を向ける日本政府に怒りの声が高まるなか、被爆者を先頭に、「ヒバクシャ国際署名」の取り組みの輪が広がっています。改めて核兵器のない平和な世界をという誓いを新たにしました。

7月に起こった西日本豪雨災害、あれから1カ月がたちました。県内では幸い死亡者は出なかったものの、三好市山城町の山間部では、土砂崩れなどで甚大な被害が発生しました。

党県議団は地元の前市議会議員と連携して現地調査を行い、住民のみなさんの切実な声をもとに作成した要望書を県と三好市長に届け、対策を求めました。

広島・岡山・愛媛県では甚大な被害が発生し、被災者は復旧・復興へ向けて懸命な努力を続けていますが、まだまだ日常は取り戻せていません。いま必要なのは、被災者が希望を持って前に進むことができるような支援を抜本的に強めることです。政治の役割がいよいよ重要です。

2018.8.6.平和の火のつどい (7) 2018.8.6.平和の火のつどい (15) 2018.8.6.平和の火のつどい (23)

IMG_9990 IMG_9987 IMG_9996